【SDVX】新筐体「-Valkyrie model-」について

2021.02.17 初版

SOUND VOLTEX初の新筐体
SOUND VOLTEX -Valkyrie model-

f:id:Mirai_Scarlet:20210216212058j:plain

当記事では筐体の特徴等を書いていきます。
また、一部EXCEED GEARでの仕様変更にも触れて行きます。
※以下、各単語は一部を除き下記の略称で表記
Valkyrie model:VM
旧筐体(Vまでの筐体):従来筐体
VIVID WAVE:V
EXCEED GEAR:EG
(IIDX)LIGHTNING MODEL:LM

筐体全体

f:id:Mirai_Scarlet:20210217152953j:plain▲筐体上部(※ロケテ時)

概ねの仕様はIIDXのLIGHTNING MODELに準拠し、ボルテの仕様に併せてスピーカーなどが変更されている形になります。

具体的には下記の通りです。

  • 43インチ・120hzモニタを採用(LMのモニタとほぼ同一で、縦に配置)
  • タッチパネルの新設(LMのプレミアムエリアと同一)
  • QUADスピーカー・大口径ウーファーを搭載(従来はサイド2つ+筐体上のウーファーのみ)
  • 入力デバイスをe-sport用に調整(恐らく従来筐体のデフォルトより軽めの設定になってる?要検証)

f:id:Mirai_Scarlet:20210217154331j:plain
▲ボタンデバイス周り 10キーはタッチパネルに統合された

物理10キーがLMと同じくタッチパネルに統合された以外は、eパスリーダーがVOL-R横に移動した程度の変更となっております。

タッチパネル

f:id:Mirai_Scarlet:20210217155330j:plain
▲タッチパネルのオプション画面 VMではオプション関係はすべてここで設定する

新設されたタッチパネルでは、各種オプション設定やライティングの調整、楽曲検索が行えるようになりました。

従来筐体と異なり、Valkyrie modelではゲージオプション等のプレイオプションは全てここから指定します。
(従来の鍵盤操作では設定出来ない模様/新機能のS-CRITICALもここから指定します)

オプション→各種設定を開くと上記画面に遷移するので、ゲージやランダム・ミラーオプション、判定表示位置や音量調整等もここから行います。

ライティング調整はロケテ時と異なり、細部のライティングを指定することができます*1

タッチパネルの詳細説明は公式サイトにも記載されていますので、そちらも併せてご確認ください。

f:id:Mirai_Scarlet:20210217155308j:plain
▲判定調整部分の拡大 EGではHS表記が変更された

f:id:Mirai_Scarlet:20210217155647j:plain
▲各種設定部分 Vから比べて、「±ms判定表示」「VALKYRIE EFFECT」「S-CRITICAL」が追加された

f:id:Mirai_Scarlet:20210217155445j:plain
▲楽曲検索機能 Joyeuse[VVD]は18のまま

音響関連

前述の通り、メインスピーカーが倍増し、下部のウーファーも増えたため音響面ではかなりの強化が行われました。
ヘッドフォンジャックは元々内蔵されていましたが、多少良くなってるかもしれません(ヘッドフォン忘れたため要調査)

しかし強化しすぎた弊害か、台数が多いところでの音量調整が厳しい模様です。
(ラウンドワン横浜駅西口店(6台設置)ではヘッドフォン無しでは音が殆ど聞こえませんでした)

f:id:Mirai_Scarlet:20210217160014j:plain
▲従来型のパーテーションだと上部スピーカーがはみ出してしまう

EXCEED GEARでの新機能及び機能変更・先行配信曲について

EXCEED GEARでの新機能及び機能変更について

公式サイト及び公式Twitterでも記載がありましたが、EGでは一部機能が変更されています。

  • EGに引継ぎ後、Vでも引き続きプレー可能
  • EGに引継ぎ後、プレースコア及び楽曲・アピカ・ジェネカ・クルーなどの獲得情報はVIVID WAVE・EXCEED GEAR間で共有される
    (※データ引継ぎ時に「引継ぎ後はVのデータはEGには反映されない」と出てくるがこれは恐らく誤り)
  • ゲームエンジン刷新に伴い、下記の要素が変更が発生
    ・トータルノーツ数に差異が出るものがある
    ・エフェクトライン(つまみ)無操作で取れていた一部の判定について、指示通りに操作しないとERROR判定になる場合がある
    ・ゲージ増加量の計算方式が変更
    (重ゲージ曲のゲージ増加量が緩和(軽くなった)された模様(逆パターンはそのまま?要検証) )
  • ボルフォースの算出桁を小数点第3位までに変更(従来は2桁まで)
    これにより、引継ぎ後のボルフォース値が高く算出される場合がある
  • 現在Vで開催中の各種イベント、及びブラスターパス・ジェネレーターはV(以前)専用
    この内、ジェネレーターで発行できたカードはカードコネクトに順次復刻される予定

また、EXTRACKやブラスターに関わる要素の多くが変更されています。
(詳細は公式サイトも参照)

  • 「BLASTER GATE」(旧INFINITE BLASTER)の仕様変更
    -「複数の課題曲から選択し、ゲージを削っていく」仕様から「対象の譜面をプレイし、クリアすることで解禁」or「対象の譜面を20回プレーすることで解禁」する仕様に変更
  • 「Ωdimension」の仕様変更
    -解禁条件が「対象譜面のクリア」に変更*2
    -BLASTER STARTの場合、全TRACKで「Ωdimension」を選択できるように変更
    (※後述のHEXA DIVERは1クレジット1回の制約があるがΩに関係する記述は見当たらず)
  • BLASTER START使用時における「HEXA DIVER」の仕様変更
    -「EXTRACK」(3曲目)でしか選択出来なかったのを、「1クレジット中に一回」選択できるように変更
    (※挑戦できるの回数は従来どおり1クレジットで1回のみ)
  • 「BLASTER ENERGY(ブラスターゲージ)」及び「EXTRACKの進出条件」変更
    -「BLASTER ENERGY」はLIGHT STARTでは溜まらなくなった
    -従来、EXTRACKには「BLASTER ENERGY」が100%になった際に自動的に突入していたが、EGから「EXTRACK GAUGE」が独立して設定されるように変更
    -「EXTRACK GAUGE」はスタンダードスタートで1曲プレイするとゲージが1メモリ分たまり、5メモリ分貯めるとEXTRACKに進出できるようになる(こちらもLIGHT STARTでは貯まらない)
    -仕様変更に伴い、「EXTRACK」のみでは「BLASTER GATE」「Ωdimension」「HEXA DIVER」は選択不可能になった
    →これらは従来どおり「BLASTER ENERGYが100%になる」or「BLASTER STARTでスタートする」事で選択可能*3

Valkyrie model専用の新モード

Valkyrie model専用の新モードは下記の通りです

  • S-CRITICAL判定(※スタンダードスタート専用)
    IIDXのPGREATに近い判定モード(判定幅は調査中だが、PGよりは広い?)
    実装に伴い、EX-SCOREが追加されている
    エフェクトライン判定は全てS-CRITICALorERROR判定になる
  • アリーナバトルモード
    こちらもIIDXのアリーナモードとほぼ同一モード
    現状は店舗内ローカルマッチング専用だが、将来的にオンラインマッチングイベントも実装される予定
    3人対戦までは3曲だが、4人対戦の際は4曲プレイになる
  • メガミックスバトルモード
    前作までのオートメーションパラダイスと店内対戦を組み合わせたモード(店内対戦(2人)専用)
    詳細はリンク先を参照

f:id:Mirai_Scarlet:20210217162907j:plain
▲S-CRITICALをONにした際のリザルト

Valkyrie model専用楽曲

Valkyrie model専用楽曲は下記のとおりです

IIDX LM先行楽曲と異なり、専用楽曲と明記されている事から従来筐体では遊べない?

  • VALKYRIE ASSAULT - BEMANI Sound Team "SYUNN" 6/13/16/19
    (2021.02.17追加)

他何かあれば随時追記していきます。

 

*1:写真を取り忘れたので後日撮影する予定

*2:ブラスターパス使用時にARSによるEFFECTIVE RATE落ち時と同じ挙動

*3:例外的に、EXTRACK突入時にブラスターゲージが100%あれば選択可能であると思われる